らいおんハート整骨院 武蔵野

らいおんハート整骨院 武蔵野

web予約はこちら

受付時間

らいおんハートオレンジ整骨院 調布

らいおんハートオレンジ整骨院 調布

web予約はこちら

受付時間

スタッフブログ

頭痛、腰痛、筋肉痛はどうして痛いの?痛みの治療について③

頭痛、腰痛、筋肉痛はどうして痛いの?痛みの治療について③

武蔵野市八幡町・関前で交通事故による頭痛の治療なら 

らいおんハート整骨院武蔵野 三鷹駅から徒歩20分。

平日・土曜日ともに20:00まで診療しています。

日曜・祝日は17:00まで通しで診療しております。

当院には交通事故による頭痛から根本改善プログラムを受けられる方が多数来院されます。

 

 

 

時折、患者さまから次のような質問を受けることがあります。

「どうして痛いの?どうして施術をすると痛みがなくなるの?」

それにちなんで前回に引き続き、「痛み」について書いていきます。

 

前回のブログ

頭痛、腰痛、筋肉痛はどうして痛いの?痛みと鎮痛のしくみ①

頭痛、腰痛、筋肉痛はどうして痛いの?痛みと鎮痛のしくみ②

 

 

 

■手で擦ると痛みが和らぐのはなぜ?

お腹が痛いときに無意識にお腹をさすることがありますが、痛いところをさすればさするほど痛みが軽減するのは、身体の中に存在する疼痛回避システムを賦活しているからです。

 

この理論はゲートコントロール説と呼ばれています。

 

痛みが脳に伝わる経路の最初の門番は脊髄の後角です。

痛みが伝わる神経(C線維、Aδ線維)よりも触覚などを伝える神経(Aβ線維)の方が神経線維が太く速いため、さするとこの神経が興奮し触覚を伝える神経が痛みを伝える神経の働きを抑制できます。

 

 

 

■全身を刺激すると痛みを抑えられる

鍼治療や運動療法で痛みが治まるのは、下行性疼痛抑制系が賦活するためであると考えられています。

 

 

■痛みを痛みで抑えられる

痛みを抑えるため他の痛みを加える鎮痛法は、加える痛みの強さが強ければ強いほど元の痛みが治まる。

この鎮痛法を広汎性侵害抑制調節(DNIC)と呼んでいます。

鍼灸治療における鎮痛発現にも広汎性侵害抑制調節(DNIC)が一部関与しているといわれています。

 

 

 

■痛み治療の原則

◎痛みの治療には、

①痛みの発生原因をブロックする方法と

②痛みの抑制メカニズムを活用して痛みを止める

2種類があります。

 

①は薬物的治療、局所麻酔、抗てんかん薬、神経ブロック、抗炎症薬など

②は鍼灸治療や電気刺激療法、心理療法、運動療法があります。

 

 

 

■身体を動かして痛みをとる

長期間筋肉を動かさない筋力は低下します→それを廃用性萎縮と呼びます

更に筋肉を動かさなければ関節拘縮になり関節が動かなくなります。

一般的に1週間筋肉を動かさなければ10%~20%程度筋力が低下するといわれる。

 

ウォーキングやランニング、体操など軽い運動は廃用性萎縮や関節拘縮を予防するだけではなく運動自体が鎮痛をもたらします。

 

軽度の有酸素運動を行うと脳内から内因性のオピオイド物質が放出され鎮痛効果をもたらします。

痛みが長期化しても安静にしているだけでなく身体を動かすことが大切。

 

 

 

■ツボを刺激して痛みをとる

参考文献:中国鍼灸網

身体には360個の経穴が存在しています。

ツボには自由神経終末(ポリモーダル受容器)血管などが存在している部位と考えられ鍼や灸をおこなうことで下行性疼痛抑制系が賦活されて鎮痛が起こります。

 

鍼の刺激は、機械的刺激、お灸の刺激は熱刺激、化学刺激と呼ばれる。

鍼治療は漢方と同様に副作用の少ない治療法であることから、他の治療との併用が可能。

 

マッサージの刺激もポリモーダル受容器が興奮すると筋肉のコリが改善され、局所の血流が改善されて発痛物質を流したりすることができる。

下行性疼痛抑制系広汎性侵害抑制調節(DNIC)が賦活化します。

 

マッサージの刺激には便通、睡眠改善など自律神経を整える作用があり、体性ー内臓反射、体性自律神経反射と呼ばれる。

 

 

 

 

■当院の治療方法

当院では頭痛、腰痛など痛みの要因として「筋肉が硬さ」に着目しています。

現代ではスマホやパソコンなどの普及とともにデスクワーク中心であり、同じ姿勢で過ごすことが非常に多くなっています。

 

それに伴い首肩、腰に掛かる負担は昔の比では有りません。当院の治療はその硬くなった筋肉をほぐしていくことから始まります。硬くなった筋肉をほぐしていくことにより、腰にかかる負担も減り、症状が緩解していきます。

 

当院独自の手技療法MPFは医学的、生理学的根拠に基づいており、硬くなっている筋肉を1㎜単位で探り、直に圧迫・摩擦を加えアプローチしていきます。それによって血液循環を良くし、痛み、硬さ、しびれを改善していきます。

手技で深く入らない場所にはトリガーポイント鍼を使い治療します、症状がなかなか治りづらい人におすすめです。

 

今回は「痛みと鎮痛」のブログでした。

これらの症状でお困りの方は是非当院に一度ご相談ください。

 

 

 

 

◎ネットでのご予約はこちら

https://airrsv.net/lionmusashino/calendar

 

 

◎最寄り駅からお越しの方はこちらのバス案内🚌

https://lionheart-seikotsuin-musashino.com/blog/1777/

 

 

◎当院は交通事故でお困りの方のために

交通事故に関する事も詳しく記載しております

https://lionheart-seikotsuin-musashino.com/jiko/koutuuzikonikanshite/

武蔵野市のらいおんハート整骨院 武蔵野へのお問い合わせ

らいおんハート整骨院 武蔵野

電話

住所
〒180-0011
東京都武蔵野市八幡町3丁目1-25
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日・祝]
9:00~17:00(昼休みなし)

※CTスキャンやレントゲンがあり、骨折の疑いがある場合は、すぐに検査できます

受付時間

調布市のらいおんハートオレンジ整骨院 調布へのお問い合わせ

らいおんハートオレンジ整骨院 調布

電話

住所
〒182-0035
東京都調布市上石原1-39-3
診療時間
[平日 (祝日含む)]
10:00〜22:00
[土日]
10:00〜18:00
休診日
水曜日

受付時間

  • 交通事故治療
  • 腰痛改善プログラム

HOME

アクセス-武蔵野院

アクセス-調布院

料金

よくある質問

スタッフ紹介

初めての方へ

  • スタッフブログ