武蔵野市でシンスプリント治療なら|らいおんハート整骨院-武蔵野

受付時間

らいおんハート整骨院 武蔵野

web予約はこちら

シンスプリント

こんな症状でお悩みではありませんか

  • スポーツ・運動後の脛の痛み
  • 動かなくてもズキズキ痛む
  • 長時間走れない
  • 脛が痛くて眠れない

シンスプリントってどういうものなの?|らいおんハート整骨院 武蔵野

脛骨の裏面に付着する筋肉である『後脛骨筋』『前脛骨筋』などの足首を立てる・足首を伸ばす際に作用する筋肉が、走る時や歩く時でもこの筋肉は常に動くため付着部である骨間膜が擦れることで炎症を起こします。

この炎症がスポーツや運動後の痛みとしてあらわれます。

このような運動後に現れるすねの炎症を『シンスプリント』といいます。

過剰なトレーニング、足の筋力が不足している人、柔軟性が不足している人は筋肉の収縮と伸張がうまく行えないため足首の動きも悪くなりやすいのでシンスプリントが起こる可能性が高くなります。

また扁平足や回内足(脛骨に対し踵の骨が外に向く状態)の方、内側のすり減ったシューズなどが原因で発生することもあります。

初期対応は何をすればいいのか?|らいおんハート整骨院 武蔵野

RICE処置

アイシングを行い安静にさせた状態で、テーピングなどで圧迫してあげることで痛み・炎症の緩和を行います。

また運動時に硬い地面での運動は足底からの負担がダイレクトに身体を刺激するため避けることをお勧めします。

また強い痛みでストレッチを行ってしまうと炎症を強くしてしまう可能性もあるためストレッチやマッサージは痛みが治まってから行いましょう。

スポーツ・運動の中断

基本的には安静をすることで、炎症の回復を待ちます。

軽いものではすぐ落ち着くものから、寝ると落ち着くものなど幅は広くあまりにも長く続くものだと「シンスプリント」の炎症でない可能性もあります。

疲労骨折とどう見分ける?|らいおんハート整骨院 武蔵野

シンスプリントは疲労の蓄積に関与し痛みや発赤などの炎症を起こします。疲労骨折も同様に長距離ランナーやバスケット選手など瞬発性・持久力系のスポーツなどに出現しやすく症状も似ている所はいくつかあります。

簡単に見分ける方法として片方に痛みが出ている場合、疲労骨折を疑いますが、シンスプリントは基本的には両側に発生します。同時に骨折をすることは確率が低い為、骨折の可能性は低いでしょう。しかし骨折となるとおこなう施術や対応も異なるため不安であれば、らいおんハート整骨院武蔵野・お近くの専門医にご相談ください。

当院での治療方法|らいおんハート整骨院 武蔵野

問診

お体の状態を詳しくお聞きします。痛み、辛さ、気になり始めたきっかけをいつから、どこでどのようにして始まったのか。生活背景、既往歴、現病歴。最終的にどこまで改善したいかなどのすり合わせを行います。

視診

他覚的に姿勢、肩の高さ、骨盤の高さ開き具合、足の長さ、重心の乗り方などを確認し専門家視点の評価を行っていきます。

運動検査

患部、患部周辺の関節の可動域を自動・他動運動で確認し、制限のかかっている動作。痛みを誘発する(運動時痛)動きを確認し、痛みや諸症状の元となる原因の筋硬結またはそのほかの軟部組織を鑑別していきます。また骨盤周りの筋肉が実際に使えているのか、腰、股関節、連動している脊椎の関節など細かくその動きを確認していきます。

治療

以上のことを踏まえて一人一人のお体の状態にあった治療法をご提案させていただきます。

治療内容の説明、好転反応、治療効果についての確認。実際に治療をするにあたって過程の中でどのように変わっていくのか。個人差はありますが、慢性的な場合はどのくらいの頻度で一週間にどのくらい通ったほうがいいのか。通院ペースのご相談など擦り合わせていきます。

生活指導

普段の姿勢、歩き方、運動の仕方など身体の負担にならないよう出来る限りのアドバイスをさせていただきます。(患部を温める、日常で気を付けることなど)

当院の治療方針として患者様と一緒に良くしていきましょうというコンセプトのもと治療を行っていきますのでご協力のほどよろしくお願いいたします。

深く関わる筋肉たち(シンスプリントの場合)

・後脛骨筋

脛骨の後ろについている。シンスプリントの茂名原因になる筋肉です。

この筋肉は足の内側のアーチを形成するために重要な筋肉で、この筋肉が弱いと足のアーチを形成する骨の構造が下に沈み込み扁平足になります。アーチが下がると後脛骨筋の腱を伸ばしてしまうため常にストレスがかかっている状態になります。

・腓腹筋

ふくらはぎの筋肉で主に後脛骨筋と同じ作用を持ちます。

この筋肉が後脛骨筋の負担を支えてくれるため後脛骨筋と一緒に治療と柔軟性を高めていくことでシンスプリントの予防につながります。

・前脛骨筋

後脛骨筋と逆で足首を上げる作用があります。この筋肉とのバランスが重要で一方が弱くなるともう片方に足首の作用が偏るため弱い方は強い方の筋力に負けないように、無理をしてしまうので負担がかかりやすくなります。

根本改善プログラム(骨盤矯正、筋膜リリース+MPF)

シンスプリントの方は足元に何らかの原因があるため骨盤の傾きや背骨のゆがみが発生します。

当院では骨盤矯正をするにあたり、身体の状態歪みのあるところを確認し骨盤の形、左右のバランス、前後径、傾き、開閉しているかなどからどこにストレスがかかっているのか、負担の集中しているところを専門家の視点で評価していきます。

筋膜リリース腰周囲の背中、臀部、大腿部など筋肉の表面を覆っている筋膜という組織にストレッチをかけ腰周りの可動域を改善していき、緊張を緩めより深部の筋肉へのアプローチを可能にします。MPFと組み合わせることで痛みを繰り返すということが減ってきます。歪みが改善し繰り返し痛める事のない身体を目指して一人一人に合った専門的な治療を行っていきます。

トリガーポイント鍼治療(T(トリガー) P(ポイント)鍼治療)

『脛の痛み』の出やすい部位から特に関連の強い後脛骨筋、触ると痛みが患部以外のところに響くその痛みのもとになるようなポイント(トリガーポイント)を見つけ出しそこへ鍼を打ちます。

痛みの引き金と言われるこのトリガーポイントは繰り返す痛み、中々取れない深部の痛みだけでなく慢性的な鈍い、広範囲に出る痛みの原因にもなります。慢性的な腰痛、痛くて動けなくなるほどの腰の痛み、五十肩?のような痛みや可動域制限、頭痛、股関節の奥の痛みなどでもトリガーポイントが見られ治療をすることで普段から消えない、厄介な痛みを取ることができます。

BR鍼治療

身体の各所と対応している頭にある反応点を用いて局所的な痛みの緩和、可動域の改善。五十肩、ぎっくり腰、慢性腰痛、歩行時の膝の痛み、自律神経系の症状、頭痛、捻挫など様々な痛み、動きの制限などで効果を発揮します。頭鍼療法を合わせた方法で当院での治療。MPFと組み合わせ行うことで更に効果を発揮します。一度受けてみたいという方は治療の前、予約の段階で早めにご相談ください。『脛の痛み』や慢性疾患で最近は治療を受ける方が多いです。詳しい内容はスタッフにお声掛けください

延長

根本改善、筋膜リリースとMPFによる骨盤周囲の歪み、全身の歪みの矯正に加えより痛みの強い箇所や一度の治療で効果を出してほしいという場合にはいつもの治療に組み合わせて受けることをお勧めいたします。痛み以外にも冷えやむくみ、張り感の強いところ、前から気になっていたところなど。ご相談いただければそこに合わせた時間の提案をいたします。

武蔵野市のらいおんハート整骨院 武蔵野へのお問い合わせ

らいおんハート整骨院 武蔵野

電話

住所
〒180-0011
東京都武蔵野市八幡町3丁目1-25
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日・祝]
9:00~17:00(昼休みなし)

※CTスキャンやレントゲンがあり、骨折の疑いがある場合は、すぐに検査できます

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

アクセス・料金

よくある質問

スタッフ紹介

初めての方へ

  • スタッフブログ