武蔵野市で石灰化沈着性腱板炎治療なら|らいおんハート整骨院-武蔵野

受付時間

らいおんハート整骨院 武蔵野

web予約はこちら

石灰化沈着性腱板炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 急に肩が痛くなった
  • 夜も痛くて寝れない
  • 肩周辺に激痛が走る

石灰化沈着性腱板炎とは?|らいおんハート整骨院 武蔵野

石灰化沈着性腱板炎とは肩を構成する腱板(肩関節腱板)に水酸化リン酸カルシウムと言う物質が沈着し可動域制限や痛みを誘発してしまう症状の一つです。

石灰化沈着性腱板炎は別名で石灰化沈着性滑液包炎とも呼ばれていた沈着する場所によって名称が変わっています。

【どんな症状が出るの?】

多く見られるのが初期症状では運動時や夜間寝ている時に肩周辺に急な激痛が起きます。

初期では腱板に石灰が沈着しての痛みですが腱板内に石灰が入り込み滑液包と腱板の間で沈着するとその部分で炎症が起き夜間も激痛が出てきてしまいます。

痛みが強くなるとともに自分で肩を動かすことが出来ないほど痛みが強くでます。

症状が強いものには発赤、腫脹、熱感が伴います。

【原因はなんでなるのか?】

原因はハッキリ断定されていません。

急性発症・激痛・夜間痛を特徴としていて、40代から50代の女性に多く発症する傾向があります。

長時間の手を開いた状態の保持、手を使う職業の方に多く見られる傾向があるので肩に負担のかけ過ぎが原因ではないかと言われています。

X線(レントゲン)でも沈着している部分ははっきりと確認することができます。

沈着する場所は棘上筋腱の部分に1番殺傷することが多く次いで棘下筋に発症することが多いです。

【当グループの考え方】

当グループでは石灰化沈着性腱板炎の原因を筋肉の柔軟性の低下と身体のバランスの崩れからくるものだと考えます。

肩を酷使することによって筋肉は硬くなり柔軟性はなくなっていきます。

柔軟性のなくなった筋肉は関節にかかる負担を緩和することができなくなり普通より多くの衝撃がかかってしまいます。負担のかかった筋肉は繊維化といって軟骨と同じ成分が分泌されます。

その際に水酸化リン酸カルシウムも一緒に分泌されて沈着を起こしてしまうと考えられます。

身体のバランスがどうして肩と関係してくるのかというと人の身体には軸と言われるものがあります。

それが体幹です。一度は聞いたことがあると思いますが「腕投げ」や「腕で打っている。」これはつまり体幹が使えずに腕だけの力で動かしてしまっているので肩に負担がかかり炎症が起きてしまいます。

体幹のバランスが崩れることにより腕に負担がかかり炎症反応が起きてしまう。

このように石灰化沈着性腱板炎について考えています。

治療までの流れ|らいおんハート整骨院 武蔵野

1視診・問診

患者さま一人一人の身体の状態を問診票に書いていただき状態を聴かせていただきます。

肩の痛みの状態から今の身体の状態、過去に起きた既往歴などどんなに細かい事も原因になりうる可能性があるので細かくお聞きしていきます。

身体の使い方や癖なども逃さずに視診していきます。

2運動検査

実際に身体を動かしながら原因の筋肉を絞っていきます。

普段の痛みの出ている動きから筋肉の正しく使えているのかまで検査していきます。

視診・問診で身体の状態を確認し実際に動きを見ることによってより細かく原因を分析していきます。

3触診

実際にお身体を触らせていただいで原因筋を1mmまで触り分けていきます。

筋肉は細かい筋繊維が束になってできています。その1mmまでこだわって触り分け原因筋を見つけていきます。

4施術

視診・問診・運動検査・触診を行ない、原因筋を見つけ早速治療を行います。

身体の状態に合わせて様々な治療メニューを組み合わせ提案させていただきます。

国家資格を持った者が施術を行うため、専門的な治療が受けることができます。

5治療計画・方針

施術後には的確なアドバイスと治療計画を提案させていただきます。

治療後の注意点や自宅などでもできる運動療法やストレッチ療法も教えているので安心できます。

治療メニュー|らいおんハート整骨院 武蔵野

根本改善プログラム(骨盤矯正、筋膜リリース+MPF)

当院では骨盤矯正をするにあたり、身体の状態歪みのあるところを確認し骨盤の形、左右のバランス、前後径、傾き、開閉しているかなどからどこにストレスがかかっているのか、負担の集中しているところを専門家の視点で評価していきます。筋膜リリース腰周囲の背中、臀部、大腿部など筋肉の表面を覆っている筋膜という組織にストレッチをかけ腰周りの可動域を改善していき、緊張を緩めより深部の筋肉へのアプローチを可能にします。

骨盤矯正をおこなっていく事で肩関節の可動域の改善もみられます。

MPFと組み合わせることで筋肉が緩み、血液の循環が良くなる為痛みを繰り返すということが減ってきます。

歪みが改善し繰り返し痛める事のない身体を目指して一人一人に合った専門的な治療を行っていきます。

トリガーポイント鍼治療(T(トリガー) P(ポイント)鍼治療)

痛みの関連の強い筋肉、触ると痛みが背中や肩に響く、その痛みのもとになるようなポイント、トリガーポイントを見つけ出しそこへ鍼を打ちます。

痛みの引き金と言われるこのトリガーポイントは繰り返す痛み、中々取れない深部の痛みだけでなく慢性的な鈍い、広範囲に出る痛みの原因にもなります。慢性的な腰痛、痛くて動けなくなるほどの腰の痛み、五十肩?のような痛みや可動域制限、頭痛、股関節の奥の痛みなどでもトリガーポイントが見られ治療をすることで普段から消えない、厄介な痛みを取ることができます。

BR鍼治療

身体の各所と対応している頭にある反応点を用いて局所的な痛みの緩和、可動域の改善。五十肩、ぎっくり腰、慢性腰痛、歩行時の膝の痛み、自律神経系の症状、頭痛、捻挫など様々な痛み、動きの制限などで効果を発揮します。頭鍼療法を合わせた方法で当院での治療。MPFと組み合わせ行うことで更に効果を発揮します。一度受けてみたいという方は治療の前、予約の段階で早めにご相談ください。ストレス性の頭痛や慢性疾患で最近は治療を受ける方が多いです。詳しい内容はスタッフにお声掛けください

延長

根本改善、筋膜リリースとMPFによる骨盤周囲の歪み、全身の歪みの矯正に加えより痛みの強い箇所や一度の治療で効果を出してほしいという場合にはいつもの治療に組み合わせて受けることをお勧めいたします。痛み以外にも冷えやむくみ、張り感の強いところ、前から気になっていたところなど。ご相談いただければそこに合わせた時間の提案をいたします。

石灰化沈着性腱板炎の予防法|らいおんハート整骨院 武蔵野

炎症反応を早期に改善しなくてはならないので発赤・腫脹・熱感がある時期は冷やす事をオススメします。1日から2日程度

発赤・腫脹・熱感が収まってからは温熱療法に切り替え軽度の運動療法を取り入れることをオススメしていきます。

【石灰化沈着性腱板炎はよくなるの?】

石灰化沈着性腱板炎で出てくる痛みは自然に消えていきます。

しかし、個人差によって変わってくるので早急に治したいと言う方は外科的な手術をすることも医者と相談して決めることが出来ます。

保存療法でも十分改善していく症状ではあります。

時間は少しかかるが身体を根本的に改善するプログラムで進めていくことができるので再発防止することもできますので安心してください。

武蔵野市のらいおんハート整骨院 武蔵野へのお問い合わせ

らいおんハート整骨院 武蔵野

電話

住所
〒180-0011
東京都武蔵野市八幡町3丁目1-25
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日・祝]
9:00~17:00(昼休みなし)

※CTスキャンやレントゲンがあり、骨折の疑いがある場合は、すぐに検査できます

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

アクセス・料金

よくある質問

スタッフ紹介

初めての方へ

  • スタッフブログ