武蔵野市で脊柱管狭窄症治療なら|らいおんハート整骨院-武蔵野

受付時間

らいおんハート整骨院 武蔵野

web予約はこちら

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰が痛い
  • 歩いていると足が痛い、痺れる・・・
  • 長時間歩くことができない・・・
  • 少し休憩するとまた歩けるようになる
  • 尿の出が悪い、尿漏れをしてしまう

脊柱管狭窄症とは?|らいおんハート整骨院 武蔵野

脊柱管狭窄症とは背骨の中にある脊柱管が椎間板の突出や骨や靭帯の肥厚などが原因で圧迫されて様々な障害を起こす病気です。

脊柱管とは背骨の中にある神経の通り道です。

この神経を中枢神経といい脊髄からなる体に命令を出す上でとても重要な神経になります。

これが何らかの原因により障害された椎間板の突出や骨や靭帯の肥厚により脊柱管が圧迫されます。

脊柱管狭窄症は特に腰椎部に見られることが多くこの時の障害を腰椎脊柱管狭窄症とも呼ばれます。

この時に突出する骨の名前が椎体と呼ばれる背骨を構成する骨のひとつでこの椎体と椎体の間に椎間板と呼ばれるクッションが挟まるように位置してます。

さらに人体の名前は黄色靭帯と呼ばれる背骨の骨の後ろに位置する靭帯です。靭帯の役割は骨と骨を補強することで関節が動いてもバラバラにならないように作用することです。

体は複雑な行動の上成り立っていますが背骨は神経血管骨や靭帯の中でも重要なものが多く存在するため少しでも体に支障をきたすと体に障害を起こすようになり様々な症状を見るようになります。

脊柱管狭窄症の症状は?

脊柱管狭窄症の症状は神経が圧迫され起こるため痛みだけには止まりません。

① 腰の痛み・・・腰痛いの痛みはヘルニアやその他腰の障害に比べて比較的軽度と言われていますが、これには個人差が生じます

② 足の痛み・・・椎間板や骨、靭帯圧迫された脊柱管は中に通る神経を圧迫されることにより障害を起こしている背中や腰にもかかわらず足の方にまで痛みを生じるようになります。

③ 足のしびれ・・・上記と同じように神経が圧迫されることにより足に痺れるを感じるようになります。この時に痺れを感じる部位は比較的に膝から下の場所に感じるようになります。

④ 間欠性跛行・・・少し歩くと足に痛みやしびれが出てきてしまい歩くのが困難になってしまう。少し休むとまた歩けるようになるが歩いているうちにまた歩くのが困難になってしまう。

腰部脊柱管狭窄症に見られる特徴的な歩行障害であるが動脈硬化による障害でも同じように間欠性跛行を見ることがある。

⑤ 排尿障害・・・まれに神経圧迫による頻尿や残尿感も見ることがある。これとは別に排便障害を見る場合は緊急を要する場合があるので早期受診をお勧めします。

これらの症状とはまた別に椎間板ヘルニアの症状を合併する場合があります。

こうやって見てみると脊柱管狭窄症の症状は日常生活に悪影響を及ぼしてしまうものが多く見受けられます。

脊柱管狭窄症の原因は?|らいおんハート整骨院 武蔵野

椎間板や骨と靭帯は何が原因で突出または硬化してしまい脊柱管を圧迫してしまうのでしょうか?

原因として考えられることは加齢による形態の変化や使いすぎなどによるオーバーユースシンドロームが原因と考えられます。

脊柱管狭窄症が好発する年代はお年寄りに多く見られます。

加齢による椎間板の変性により小さな外力でも椎間板が飛び出してしまい脊柱管を圧迫してしまいます。

黄色靭帯も加齢とともに硬化することにより柔軟性を失ってしまい脊柱管を圧迫する原因となります。

こうして発生原因を見てみるとご高齢者の方に脊柱管狭窄症は怒ることが多いです。

脊柱管狭窄症の分類|らいおんハート整骨院 武蔵野

脊柱管狭窄症は脊柱管のどこが圧迫されるかによって症状の出方が変わってきます。

分類1馬尾型

両下肢への痛みや痺れ、異常感覚(冷感)、排尿障害・膀胱直腸障害(頻尿、残尿感、便秘)

分類2神経根型

脊柱管狭窄症の中で一番頻度が多い。

片足のお尻から足にかけての痛み(両側に見られることは少ない)

痛みだけが目立ちしびれを見る場合は少ない。

分類3混合型

馬尾型と神経根型が混合したものであり両方の症状を見ることがある。

当院での治療方法|らいおんハート整骨院 武蔵野

問診

お体の状態を詳しくお聞きします。痛み、辛さ、気になり始めたきっかけをいつから、どこでどのようにして始まったのか。生活背景、既往歴、現病歴。最終的にどこまで改善したいかなどのすり合わせを行います。

視診

他覚的に姿勢、肩の高さ、骨盤の高さ開き具合、足の長さ、重心の乗り方などを確認し専門家視点の評価を行っていきます。

運動検査

患部、患部周辺の関節の可動域を自動・他動運動で確認し、制限のかかっている動作。痛みを誘発する(運動時痛)動きを確認し、痛みや諸症状の元となる原因の筋硬結またはそのほかの軟部組織を鑑別していきます。また骨盤周りの筋肉が実際に使えているのか、腰、股関節、連動している脊椎の関節など細かくその動きを確認していきます。

治療

以上のことを踏まえて一人一人のお体の状態にあった治療法をご提案させていただきます。

治療内容の説明、好転反応、治療効果についての確認。実際に治療をするにあたって過程の中でどのように変わっていくのか。個人差はありますが、慢性的な場合はどのくらいの頻度で一週間にどのくらい通ったほうがいいのか。通院ペースのご相談など擦り合わせていきます。

生活指導

普段の姿勢、歩き方、運動の仕方など身体の負担にならないよう出来る限りのアドバイスをさせていただきます。(患部を温める、日常で気を付けることなど)

当院の治療方針として患者様と一緒に良くしていきましょうというコンセプトのもと治療を行っていきますのでご協力のほどよろしくお願いいたします。

多裂筋

起始   仙骨背面・後仙腸靭帯・腰椎乳様突起・腰椎横突起・頸椎関節突起(C4―7)

停止   椎骨の棘突起

作用   腰の伸展・同側への側屈・対側への回旋

支配神経   脊髄神経の後枝(C3―S3)

腰の可動域低下に関与する筋肉である多裂筋。

脊柱起立筋群の一つであり背骨の際に張り付くように付着する筋肉。

この筋肉の治療が脊柱管狭窄症の予防にも繋がります。

日常的に体を動かすことが少なく腰に負担を掛けている場合は脊柱管狭窄症だけでなく椎間板ヘルニアを発症してしまうリスクにもなります。

そうなる前の予防治療こそが大切なのです。

根本改善プログラム(骨盤矯正、筋膜リリースMPF

当院では骨盤矯正をするにあたり、身体の状態歪みのあるところを確認し骨盤の形、左右のバランス、前後径、傾き、開閉しているかなどからどこにストレスがかかっているのか、負担の集中しているところを専門家の視点で評価していきます。

筋膜リリース腰周囲の背中、臀部、大腿部など筋肉の表面を覆っている筋膜という組織にストレッチをかけ腰周りの可動域を改善していき、緊張を緩めより深部の筋肉へのアプローチを可能にします。MPFと組み合わせることで痛みを繰り返すということが減ってきます。歪みが改善し繰り返し痛める事のない身体を目指して一人一人に合った専門的な治療を行っていきます。

トリガーポイント鍼治療(T(トリガー) P(ポイント)鍼治療)

頭痛の出やすい部位から特に関連の強い筋肉、触ると痛みが頭に響くその痛みのもとになるようなポイント、トリガーポイントを見つけ出しそこへ鍼を打ちます。

痛みの引き金と言われるこのトリガーポイントは繰り返す痛み、中々取れない深部の痛みだけでなく慢性的な鈍い、広範囲に出る痛みの原因にもなります。慢性的な腰痛、痛くて動けなくなるほどの腰の痛み、五十肩?のような痛みや可動域制限、頭痛、股関節の奥の痛みなどでもトリガーポイントが見られ治療をすることで普段から消えない、厄介な痛みを取ることができます。

BR鍼治療

身体の各所と対応している頭にある反応点を用いて局所的な痛みの緩和、可動域の改善。五十肩、ぎっくり腰、慢性腰痛、歩行時の膝の痛み、自律神経系の症状、頭痛、捻挫など様々な痛み、動きの制限などで効果を発揮します。頭鍼療法を合わせた方法で当院での治療。MPFと組み合わせ行うことで更に効果を発揮します。一度受けてみたいという方は治療の前、予約の段階で早めにご相談ください。ストレス性の頭痛や慢性疾患で最近は治療を受ける方が多いです。詳しい内容はスタッフにお声掛けください

延長

根本改善、筋膜リリースとMPFによる骨盤周囲の歪み、全身の歪みの矯正に加えより痛みの強い箇所や一度の治療で効果を出してほしいという場合にはいつもの治療に組み合わせて受けることをお勧めいたします。痛み以外にも冷えやむくみ、張り感の強いところ、前から気になっていたところなど。ご相談いただければそこに合わせた時間の提案をいたします。

武蔵野市のらいおんハート整骨院 武蔵野へのお問い合わせ

らいおんハート整骨院 武蔵野

電話

住所
〒180-0011
東京都武蔵野市八幡町3丁目1-25
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日・祝]
9:00~17:00(昼休みなし)

※CTスキャンやレントゲンがあり、骨折の疑いがある場合は、すぐに検査できます

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

アクセス・料金

よくある質問

スタッフ紹介

初めての方へ

  • スタッフブログ