らいおんハート整骨院 武蔵野

らいおんハート整骨院 武蔵野

web予約はこちら

受付時間

らいおんハートオレンジ整骨院 調布

らいおんハートオレンジ整骨院 調布

web予約はこちら

受付時間

らいおんハート整骨院 武蔵野

らいおんハート整骨院 武蔵野

らいおんハートオレンジ整骨院 調布

らいおんハートオレンジ整骨院 調布

スタッフブログ

膝が痛くて正座できない…つらい変形性膝関節症の原因と治療法

膝が痛くて正座できない…つらい変形性膝関節症の原因と治療法

武蔵野市八幡町・関前で交通事故による頭痛の治療なら らいおんハート整骨院武蔵野 三鷹駅から徒歩20分。平日・土曜日ともに20:00まで診療しています。

日曜・祝日は17:00まで通しで診療しております。

当院には交通事故による頭痛から根本改善プログラムを受けられる方が多数来院されます。

 

 

先日いらっしゃった患者さんで

「最近、膝が痛くて正座ができない…」

などの膝の症状を訴え来院された方がおりました。

正座できない

 

■お話を聞かせて頂くと、このような症状と背景がありました。

・O脚

・数年前に半月板を損傷した

・身体が硬い

・前屈で指先が床に付かず15㎝程度離れている

・医師からは変形性膝関節症と診断された

 

■運動検査

数年前に半月板を損傷し、その後から膝の曲げ伸ばしが出来にくくなった。足もO脚気味で昔は正座ができたのに今は、全くできないとのこと。足の可動域付近で程度で痛みが太ももの全面に現れそれ以上は膝が痛くて曲げにくい。また歩行を観察すると重心が外側に乗りO脚で前屈後屈も正常可動域の半分程度である。

 

そのため中殿筋が普通の人より硬くなっており、足も外側に開くので内側の膝の筋肉(半腱半膜様筋、薄筋、内転筋郡の停止部に痛みが出現)また大腿四頭筋の起始部停止部も硬くストレッチも困難な状態であった。

鵞足内転筋群

 

 

変形性膝関節症ってどんな症状?

膝変形

膝痛を抱えている人の過半数は、この変形性膝関節症で悩んでいます。変形性膝関節症は、慢性的に炎症が続き徐々に膝が変形、O脚になっていく疾患です。

 

膝関節は、大腿骨と脛骨の末端が接合する部分であり、クッションの役割をする軟骨がその間に入っています。しかし、加齢とともに半月板と軟骨の弾力性が低下し、すり減ったり経年劣化し、膝関節を包み込む関節包に炎症が起こると痛みが生じます。

 

この症状は進行していくので放置しておくと日常生活で大きな不自由を感じるようになります。変形がどんどん進むと膝の可動域も制限されて曲げ伸ばしが出来にくくなります。そして正座ができない、しゃがめない、階段の登り下りがつらい、杖なしでは歩けないなどが起こります。

 

 

どうして膝が変形するの?

①加齢

一番の原因は、加齢に伴う半月板、関節軟骨の劣化です。劣化によって弾力性が失われすり減り、細かいキズができるのです。そこに負荷が加わることで軟骨のすり減りが進み変形しやすくなってしまうのです。

 

②運動不足

膝関節は大腿四頭筋や靭帯によって支えられています。年を重ねるとこれらも衰えていきますので大きな負荷がかかり変形しやすくなります。特に運動不足は、体重増加を招き膝の負担も増えてしまうのです。

 

③長時間の同じ姿勢

長時間の立ちっぱなしの作業なども膝にかかるストレスは半端なものではありません。

 

 

こんな人は要注意です

変形性膝関節症

①中年以上の女性

変形性膝関節症は、中年以降に多く60歳以上の半分以上がこの症状に悩まされています。特に女性は、男性に比べて膝関節を支える筋肉が弱く、骨や軟骨を正常に保つホルモンの分泌が更年期以降減少してしまうため膝の負担が増えてしまうのです。

 

②肥満や体重の増加

体重の増加や肥満は膝の負担を大きくします。体重が1㎏増えると膝関節の負担は歩行時に3㎏増えます、階段の上り下りでは7㎏、前かがみの姿勢や重い荷物の持ち運びが加わると約10㎏も増えるといわれています。

 

③運動のやり過ぎ

膝に負担のかかる激しいスポーツのやり過ぎは、加齢であろうとなかろうと膝を損傷します。半月板が損傷すれば膝関節は変形しやすくなるので注意しましょう。

 

④外反母趾の強い人

外反母趾傾向の強い人は、足のアーチが崩れ体重が足底に均等に乗らなくなるため重心の位置も変わり膝の負担が増えてしまいます。

 

 

正座ができない人のオススメの運動

正座が痛くてできないから、安静にしてゆっくり休もうと考えている方はいませんか?膝関節症の方は足腰の筋力低下が一番の要因。運動をすることによって太ももの筋肉が付き膝の負担が減ります。またストレッチや軽めの運動で肥満も防げるので無理のない範囲で動きましょう!!

 

ここに紹介する運動を参考にして試してみてください!!

 

 

当院の治療

変形性膝関節症の方は筋肉が硬くなっており、うまく機能していないケースが多く見られます。その機能していない筋肉がうまく働けるように施術をおこない、血流改善と柔軟性を高めることがポイントです。硬くなっている筋肉には筋肉のしこり「筋硬結」が存在しています。当院では医学的、生理学的根拠に基づいた手技療法によって筋硬結を1㎜単位で探り分け、ほぐしていきます。

 

それによって症状により痛み、痺れ、硬さを改善していきます。場合によっては手技療法にトリガーポイント鍼を組み合わせ効果を更に引き出させます。症状が落ち着いてきたら痛みや違和感の出ない様に生活指導も含め、治療していきます。

 

初回の治療から25回目の治療を終え、痛みも落ち着き現在、月2回のペースで通っていただいています。当初できなかった正座もお尻と踵の間にクッションを挟めばできるようになりました。ご自身も意欲的で膝の負担を軽くするためにストレッチ、お風呂で温めて湯船に浸かりながらの風呂正座、ウォーキング、筋肉トレーニングなども継続的に行っています!!

 

 

今回は「変形性膝関節症」のブログでした。これらの症状でお困りの方は是非当院に一度ご相談ください。

 

 

 

◎当院のHPはこちら

 

 

◎ネットでのご予約はこちら

https://airrsv.net/lionmusashino/calendar

 

 

◎最寄り駅からお越しの方はこちらのバス案内🚌

https://lionheart-seikotsuin-musashino.com/blog/1777/

 

 

◎当院は交通事故でお困りの方のために交通事故に関する事も詳しく記載しております

https://lionheart-seikotsuin-musashino.com/jiko/koutuuzikonikanshite/

 

 

◎らいおんハートオレンジ整骨院 調布へのアクセスはこちら

https://lionheart-seikotsuin-musashino.com/access02/

武蔵野市のらいおんハート整骨院 武蔵野へのお問い合わせ

らいおんハート整骨院 武蔵野

電話

住所
〒180-0011
東京都武蔵野市八幡町3丁目1-25
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日・祝]
9:00~17:00(昼休みなし)

※CTスキャンやレントゲンがあり、骨折の疑いがある場合は、すぐに検査できます

受付時間

調布市のらいおんハートオレンジ整骨院 調布へのお問い合わせ

らいおんハートオレンジ整骨院 調布

電話

住所
〒182-0035
東京都調布市上石原1-39-3
診療時間
[平日 (祝日含む)]
10:00〜22:00
[土日]
10:00〜18:00
休診日
水曜日

受付時間

  • 交通事故治療
  • 腰痛改善プログラム

HOME

アクセス-武蔵野院

アクセス-調布院

料金

よくある質問

スタッフ紹介

初めての方へ

  • スタッフブログ

会社概要