らいおんハート整骨院 武蔵野

らいおんハート整骨院 武蔵野

web予約はこちら

受付時間

らいおんハートオレンジ整骨院 調布

らいおんハートオレンジ整骨院 調布

web予約はこちら

受付時間

スタッフブログ

膝の内側が痛い…鵞足炎を改善する当院の治療と体操

膝の内側が痛い…鵞足炎を改善する当院の治療と体操

武蔵野市八幡町・関前で交通事故による頭痛の治療なら 

 

らいおんハート整骨院武蔵野 三鷹駅から徒歩20分。

 

平日・土曜日ともに20:00まで診療しています。

 

日曜・祝日は17:00まで通しで診療しております。

 

当院には交通事故による頭痛から根本改善プログラムを受けられる方が多数来院されます。

 

 

本日は『膝の内側の痛みで多い鵞足炎』についての話をさせていただきます。

 

 

『鵞足炎』の特徴や傾向

 

この様な症状に覚えはありませんか?

 

・歩行や階段の上り下りで膝の内側が痛い

 

・走ったりするとじんわりと膝の内側に熱や腫れが出る

 

・年を取ると膝の内側に痛みが出てきた

 

・膝の内側を押すと痛い

 

上記に当てはまる方は『鵞足炎』の可能性があります。当院や専門医へ行きましょう。

 

 

『鵞足炎』とは

 

膝の内側にある縫工筋、半腱様筋、薄筋の停止部を言います。形が水鳥の足のようになっているためこのような名前がついています。

 

膝を何度も繰り返し曲げ伸ばしすることで炎症を起こします。スポーツでいう走ることの多い種目に多発します。

 

また、肥満の女性に多いというデータも有ります。理由として運動不足が長く続くと体重増加により

 

下半身の筋肉が重さに耐えられず変形性膝関節症を発症してしまいます。こうなることで鵞足部分の負荷が強くなり炎症を起こすと考えられています。

 

 

スタッフからの症例ブログ

 

 去年の10月にいらっしゃった患者さんで

 

『膝の内側が痛くて歩きづらい』

 

と訴える方が来院されました。

 

問診によりお話を聞かせていただくと、

 

・平日は仕事三昧、休日になったら家に閉じこもる生活

 

・慢性的な腰痛を持っている

 

・下半身の浮腫(むくみ)が強く、指で圧迫すると跡が残るほどであった

 

・二年前に変形性膝関節症と判断された

 

などの背景がありました。

 

 

姿勢と動作の評価

 

・直立してもらうと膝同士が離れる『O脚』であった

 

・下半身が細く、上半身の重さが直で膝に来る様子である

 

・歩行時に痛みはないが、階段を昇降時に膝内側に痛みがでた

 

関節可動域と運動検査による結果

 

・膝を内に入れるストレッチを行ってみると角度がきつくなるに連れて痛みがでた

 

・足首を立てる(つま先立ち)動作を行ってもらうとふくらはぎにつるような痛みがでた

 

当院で行っている『鵞足炎』の治療

 

鵞足炎で大切なのは何が原因で炎症が起こっているのか突き止めることが重要になります

 

今回の患者さんの場合だと変形膝関節症をわずらい運動を行わないことで膝周りの筋力低下と体重増加が起こり

 

『半腱様筋』『薄筋』の緊張が強くなり鵞足にストレスを与えることで炎症を起こしています。

 

鵞足炎には対しての治療ではこの2つの筋のストレッチが効果的です。

 

 

『半腱様筋』

 

太ももの後ろにある筋肉で、股関節と膝を後面に曲げる作用を持っています。

 

また、腰の筋肉の動きにも深く関わりこの筋肉が強く固まってしまうと腰痛やお尻の痛みに繋がってしまいます。

 

今回の患者さんの半腱様筋が固くなっていたため腰痛の原因として挙げられます。

 

膝を正常な位置に固定する役割もあるため柔軟性がなくなってしまうと、膝関節のズレが起こって変形性膝関節症を悪化させる要因にもなります。

 

今回は緊張が強くなり鵞足部分に痛みを出す原因になっているためストレッチと当院のMPF治療を行うことで柔軟性を作ることができました。

 

 

『薄筋』

恥骨から膝につながる長い筋肉で脚を閉じる時に力を発揮します。

 

また膝の安定性に強く関係し筋力低下するとO脚になってしまうことも少なくありません。

 

薄筋の柔軟性が低下すると関連する他の内転筋の機能も低下し尿もれ、膝の形状変化、冷え性など

 

さまざまなリスクが考えられます。

 

治療の経過については

 

6回ほど治療を行い膝の痛みが軽減し毎日痛かったのが時々出るくらいになり順調に回復していきました。

 

10回目には膝の痛みはほとんど出なくなり自宅や屋外でのトレーニングを積極的に行うようになりました。

 

これからも膝を中心にした治療を行いながら予防のために骨盤の矯正と背骨の関節の位置異常も視野に入れながら

 

治療行っていきます。

 

自宅でできる予防トレーニング・ストレッチ

 

腓腹筋(ふくらはぎ)トレーニング

 

ステップ1:膝を伸ばした状態から足首を上下に動かします

ステップ2:余裕のある方は立った状態でつま先立ちを行います

 

内転筋・ハムストリングストレッチ

スッテプ1:仰向けで脚をたたみい開いていきます。余裕のある人は脚を折り曲げずに足が伸びた状態で行いましょう

 

ステップ2:膝を伸ばしきった状態から、腰ではなく股関節から前に曲げていきましょう。

 

 

 

 

今回は『鵞足炎』のブログでした。

 

これらのつらい症状でお困りの方は是非当院に一度ご相談ください!!

 

 

 

◎肩こりの症例ページはこちら 

肩こり

 

 

 

 

◎腰痛の症例ページはこちら

腰痛

 

 

 

 

◎当院のHPはこちら

トップページ

 

 

 

 

 

 

 

◎ネットでのご予約はこちら

https://airrsv.net/lionmusashino/calendar

 

 

 

 

 

◎最寄り駅からお越しの方はこちらのバス案内

吉祥寺駅、三鷹駅、西武柳沢駅から来られる方へ バスのご案内

 

 

 

 

 

◎当院は交通事故でお困りの方のために

 

交通事故に関する事も詳しく記載しております

 

交通事故に関して

 

 

◎無料駐車場も完備しております

 

クリニックと提携している為、無料駐車場に

 

空きがない場合は有料のコインパーキングを

 

お使い下さい

武蔵野市のらいおんハート整骨院 武蔵野へのお問い合わせ

らいおんハート整骨院 武蔵野

電話

住所
〒180-0011
東京都武蔵野市八幡町3丁目1-25
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日・祝]
9:00~17:00(昼休みなし)

※CTスキャンやレントゲンがあり、骨折の疑いがある場合は、すぐに検査できます

受付時間

調布市のらいおんハートオレンジ整骨院 調布へのお問い合わせ

らいおんハートオレンジ整骨院 調布

電話

住所
〒182-0035
東京都調布市上石原1-39-3
診療時間
[平日 (祝日含む)]
10:00〜22:00
[土日]
10:00〜18:00
休診日
水曜日

受付時間

  • 交通事故治療
  • 腰痛改善プログラム

HOME

アクセス-武蔵野院

アクセス-調布院

料金

よくある質問

スタッフ紹介

初めての方へ

  • スタッフブログ