受付時間

らいおんハート整骨院 武蔵野

web予約はこちら

スタッフブログ

運動中の足の痛みや重さ、膝の痛みなど!

運動中の足の痛みや重さ、膝の痛みなど!

らいおんハート整骨院武蔵野 

柳沢 関前 八幡町 田無 武蔵関 三鷹 吉祥寺 関町で
「運動やスポーツをしている時に足の裏や膝が重い、痛たい」とお困りの方

先日いらっしゃった患者さんで

「長い距離を歩いたり走ると徐々に足の裏が痛く、固くなってしまう」

と訴え来院した方がおりました。

お話を聞かせて頂くと、このような症状と背景がありました.

運動してもすぐ疲れる長時間歩くと足の裏や、

膝や腰など足以外の部分にも痛みやだるさが出る

昔からから下にかけての怪我に悩まされている

何もない所で転んだり、つまずいたりすることがある

体は痩せているが、下半身が太っているように見える

 

運動検査・姿勢・体型のチェック
両足を揃えて立って頂き 足の裏で重心の測定を行い、

内側とかかとに重心がかかり、軽度の足首の外反変形が起こっていました。

客観的に見ても足の内側の土踏まずの部分に

アーチが無くなり扁平足の徴候が見られ

股関節は開き膝から足首にかけては内側に入っていて、

膝との間に拳1つ分の隙間も見られ

「O脚」の症状も重なった状態になっております。

これらのアライメント異常が重なり、今までに膝や股関節など足含めた怪我を

多くする繰り返す傾向にあるりました。

重心が不安定・骨盤周りの筋肉が緊張することで

切り返しの動きや前後の動きで足首や膝周りなどの

関節の安定を支配する機能の低下にもつながります。

これらの評価からこの症状を起こしている要因になるのが、「扁平足」であると判断しました。

 

扁平足とは
扁平足とは足の内側のアーチと外側のアーチ、横のアーチの

高さが失われる状態を言います。

それらの骨のアライメントの以上から体のあちこちに

捻じれや歪みを生じ、痛みなどを作ります。

今回の場合は内側のアーチが失われていました。

扁平足では最もよく見られるパターンで原因としては運動不足による筋力の低下か、

足の裏の筋肉を使わない生活が習慣化していることが例に挙げられます。

日常生活や姿勢・体質、運動検査から扁平足の原因となっている筋は

「後脛骨筋」という筋肉でした。

 

脛の骨である脛骨の後ろから舟状骨に付着する筋肉で

足首を立てる、つま先立ちをメインに働きます。

この筋で内側の縦アーチを 引っ張り構成してくれるので、

弱くなってしまうまたは硬くなって働かなくなってしまうと

アーチが構成されて扁平足になってしまいます。

 

初回に行った治療

扁平足のアライメント異常がありながら 膝周りや股関節の痛みを訴えているため

測定部の筋肉の緊張を取り後脛骨筋などの主要となる内側縦アーチの 主力となる

筋肉を局所的に刺激していきました。

また骨盤の不安定からくる重心のかかり方でおこる骨盤周りの筋肉の緊張を

取るため骨盤の矯正を行いかかと内側にあった重心が前外側に 係 常日頃からあった負担というものも軽減していきました。

また足の痛みに関しては足底腱膜炎の症状も起こしているため

足裏の緊張を取る治療を行い炎症部分の細かい筋肉を触り分けて

痛みの原因である筋病態を刺激していきます。

 

 

 

継続の治療

痛みは感じ無くなっているが、日常生活などのあらゆる負担が足元にかかってくるため

継続的な治療を行う。しかし運動中の重だるさや疲れやすさ

足裏のクッション性が失われて起こっているのでこれからは足裏のトレーニングや

自宅でのストレッチを行いながら予防と治療を平行に行っていく。

骨盤や偏平足を改善していくため治療や日常生活の指導なども

細かく行いまた同じ症状が繰り返さないような体を作っていくということになりました。

 

このような症状でお困りの方など
気になる方はこちらから
↓↓↓↓↓

当院のHPはこちら

https://lionheart-seikotsuin-musashino.com/

 

ネット予約はこちらから

https://airrsv.net/lionmusashino/calendar

 

◎最寄り駅からお越しの方へ こちらのバス案内から

https://lionheart-seikotsuin-musashino.com/blog/1777/

 

武蔵野市のらいおんハート整骨院 武蔵野へのお問い合わせ

らいおんハート整骨院 武蔵野

電話

住所
〒180-0011
東京都武蔵野市八幡町3丁目1-25
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日・祝]
9:00~17:00(昼休みなし)

※CTスキャンやレントゲンがあり、骨折の疑いがある場合は、すぐに検査できます

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

アクセス・料金

よくある質問

スタッフ紹介

初めての方へ

  • スタッフブログ