受付時間

らいおんハート整骨院 武蔵野

web予約はこちら

スタッフブログ

骨盤からくる野球肘 根本からの治療がおすすめです

骨盤からくる野球肘 根本からの治療がおすすめです

らいおんハート整骨院武蔵野

 

らいおんハート整骨院武蔵野 田無 武蔵関 三鷹 吉祥寺 関町で

「 肘の痛みが原因でスポーツやお仕事に身が入らない」とお困りの方

 

 

先日いらっしゃった患者さんで

 

肘の痛みが出てしまいスポーツに専念できないと訴え来院した方がおりました。

 

お話を聞かせていただき

 

このような症状と背景がありました

 

・先月始めた野球により利き手の左肘が痛くなった

 

・鞄を片手で持つときや片手をついて座り込むときに痛みが強い

 

この情報では何が原因なのか何がどういう風に治療していくのかを決めていくことが出来ないため細かく検査を行った。

 

 

運動検査

肘を外に反らしたと時肘の内側に痛みが走った。

 

いつも通りに投球動作を行って頂き、構えてからフォロースルーまでの

 

一連の動作の中で、腰の固さが原因で骨盤の捻る動きが失われ、

 

重心が左右にぶれた状態から無理やり前方にボールを投げている。

 

うまく前方に重心がかかっていないため肩甲骨の動きも不安定になり腕の力だけで

 

ボールを投げているため腕を振り上げ、振り下ろすときの加速時に左肘の内側に

 

負担がかかりその部位で炎症を起こしていた。

 

 

 

 

 

姿勢・体型

反り腰で昔から腰の痛みがあるとも訴えた。

 

腰の動きの小ささが要因になり、今回の肘の炎症を引き起こしていることも

 

あったため骨盤回りの腰の筋肉を含め柔軟性を出さなければならない。

 

 

 

初回に行った治療

か野球を始めたばかりで慣れない投球動作や、肩甲骨の可動域の小さい所や、

 

腕を振り下ろした時に肘の内側の痛みが出現したこと。

 

また腕を外側に反らし負担をかけた際、痛みが増強した。

 

その部分を細かく触ったところ痛みを出している原因が

 

「尺骨手根屈筋」という筋肉でした。

 

また外側に痛みが出ている場合だと「テニス肘」と疑われることもあるが

 

本症状では内側に多い「野球肘」だと判断し治療を進めていく。

 

直接刺激を与えることで、循環を良くし局所の痛みの軽減と回復を促した。

 

最初に行った、肘を外に反らす運動検査での痛みの程度が10だとすると

 

局所の治療の後に6まで痛みが下がった。

 

また本人が「野球を続けて怪我を繰り返すのは嫌だ!」ということから骨盤周りの

 

筋肉にも施術を行い。姿勢を維持するため骨盤の矯正を入念に行った。

 

 

継続の治療

1ヶ月後の野球の大会のために投球動作での肘の痛みが気にならない様に、

 

それ以上に関節の動きや骨盤の動きを緩やかにすることでパフォーマンスの向上と

 

予防治療も同時に行なっていく。

 

現在症状も軽減し動かしての痛みはないとの事だが、まだ骨盤を整えきれていないことや

 

再発の可能性も完全に失くなったわけではないので、肘のテーピングを行いながら

 

キャッチボールなど無理の無い、痛みの出ない範囲で体力作りなどを主に行って

 

頂いている。

 

このような症状でお困りの方など

 

当院のHPはこちら

https://lionheart-seikotsuin-musashino.com/

 

ネット予約はこちらから

https://airrsv.net/lionmusashino/calendar

 

◎最寄り駅からお越しの方へ こちらのバス案内から

https://lionheart-seikotsuin-musashino.com/blog/1777/

武蔵野市のらいおんハート整骨院 武蔵野へのお問い合わせ

らいおんハート整骨院 武蔵野

電話

住所
〒180-0011
東京都武蔵野市八幡町3丁目1-25
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日・祝]
9:00~17:00(昼休みなし)

※CTスキャンやレントゲンがあり、骨折の疑いがある場合は、すぐに検査できます

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

アクセス・料金

よくある質問

スタッフ紹介

初めての方へ

  • スタッフブログ