受付時間

らいおんハート整骨院 武蔵野

web予約はこちら

スタッフブログ

春のスポーツ習慣①シンスプリント 

春のスポーツ習慣①シンスプリント 

春のスポーツ習慣①

運動時のふくらはぎの損傷・肉ばなれの整骨院での治療

 

武蔵野市八幡町・関前でのふくらはぎの損傷・肉ばなれの治療なら
武蔵野市八幡町・関前でふくらはぎの損傷・肉ばなれで口コミ評判のらいおんハート整骨院武蔵野。
三鷹駅から徒歩20分。平日・土曜日ともに20:00まで診療しています。
日曜・祝日は17:00まで通しで診療しております。
当院には骨盤の歪みから改善する根本改善プログラムを受けられる方が多数来院されます。

スポーツ・運動中のこの様な症状や体の状態にお悩みはありませんか?

・足をつった次の日に強い痛みがある

・ジャンプやダッシュの動きで痛い

・痛い所の足に体重を乗せられない

・痛みのせいで夜中に目が覚める
・足首に固い感じの違和感がする

 

この様な症状が続く方は根本的な治療と予防を含めた徹底的な治療が必要になります。

なぜならこれらの4つの症状は全て腓腹筋、ヒラメ筋の損傷・肉離れに当てはまる症状だからです。

 

腓腹筋

 

ふくらはぎの筋肉で主に足首を立てる動作に関与します。

この筋肉は常に全身の体重を支えているため筋力が強い分、筋腱移行部での損傷を起こしやすいと考えられています。

この筋肉が損傷すると、歩行の際に体重を預ける動作で痛みが伴います。歩行の不良からの骨盤の歪み、姿勢の異常が出てしまうことも暫しあります。この身体のアライメントの異常により更なる怪我や症状を起こしてしまうことも考えられます。

 

 

ヒラメ筋

腓腹筋と同じような作用がありこちらも足の関節に深く関係しています。腓腹筋の深層の部分に位置しているため軽度の腓腹筋の損傷に比べると見た目では分かりにくいです。

見極め方としては膝関節を曲げた状態でアキレス腱を伸ばすようにストレッチをかけると強い痛みが発生します。しかし腓腹筋の中等度の損傷以上は、同じようにストレッチをかけても強く痛みが発生するため整骨院や医師の診断を仰いでください。

 

 

筋損傷・肉離れの違い

筋損傷とは筋肉に強い外力もしくは強い伸長や短縮の際に、その力耐えられなかった筋肉が、損傷を起こし痛みを生じてしまうことを言います。

 

筋損傷の中にもレベルがあり、軽度なものでは若干筋肉痛のような症状が出てくるため時間をおけば痛みはひいてきます。しかし軽度のものでも元の筋肉の状態に戻るわけではありません。中等度のものでは動かす度に痛みが出たり、ぶつかると痛みを発生させます。

重症のものでは常に痛みを生じ、筋肉自体に切れ目が入り肉離れというふうな診断を受けます。

 

 

 

スポーツ中に原因になる事

特に多いと言われているのは、テニスのドロップショットを撃たれた際の

前に急発進する動きでアキレス腱と腓腹筋の力に負けアキレス腱と腓腹筋の腱と筋の組織が違う組織に置き換わるためその部位でまた損傷の繰り返しやすい傾向にあります。

部分にもなります。テニスに多いと言われています。

またテニス以外にも発生する競技はあり野球やサッカーバスケなどの瞬発性の高いスポーツに多く発生すると言われております。

 

 

また走り込んだ後におこる足をつったような軽い痛みが、次の日に筋肉痛とは違う強い痛み、足のつけられない症状に変化することもあります。

これも軽度筋損傷に当たります。時間がたてば痛みもなくなることがありますが、放っておくことでふくらはぎの筋肉が徐々に硬くなり足首や膝周りの動きが悪くなる可能性もあります。

また固くなった筋肉の最大伸長の幅が小さくなり(柔軟性が衰える)軽度の筋損傷から重度の筋損傷(肉離れ)に移行することも少なくありません。

 

 

筋損傷と肉離れを和らげるには?

肉離れも筋損傷も基本的には同じような処置を行います。

RICE処置と言って現場で行う処置を簡単に紹介します。

肉離れに限らず基本的、損傷ではこのRICE処置をも店にいてつ後遺症を残さないことを目的として行います また安静にすることが大切で 2次的な事故や障害を防止します

冷却をすることでその部位に発生する熱や重だるさを改善してくれます。

この冷却によって炎症を抑えることが重要で圧迫や挙上も血流を抑えるため炎症反応が出にくいという効果があります。

 

らいおんハート整骨院武蔵野では、当院独自の手技療法【MPF療法】で筋肉をミリ単位で触りわけ、ふくらはぎの筋損傷の痛みの原因を明確にし、痛みがでないための【根本治療】再発しないための【予防治療】を行います。

また視診、問診、触診、運動検査をもとに

患者様の状態を把握させていただいた情報から

1人1人に合った施術プランの提案をさせていただきます。

一度ご相談ください。

0422-38-6084

 武蔵野市・八幡町・関前での治療はらいおんハート整骨院武蔵野へお越しください。

 

〒180-0011 東京都武蔵野市八幡町3-1-25 

らいおんハート整骨院武蔵野

腓腹筋・ヒラメ筋損傷でお悩みの方はこちら 

 

当院HPはこちら

https://lionheart-seikotsuin-musashino.com/

 

ネット予約はこちらから

https://airrsv.net/lionmusashino/calendar

 

◎最寄り駅からお越しの方へ こちらのバス案内から

https://lionheart-seikotsuin-musashino.com/blog/1777/

武蔵野市のらいおんハート整骨院 武蔵野へのお問い合わせ

らいおんハート整骨院 武蔵野

電話

住所
〒180-0011
東京都武蔵野市八幡町3丁目1-25
診療時間
[平日]
午前 9:00~12:00/午後15:00~20:00
[日・祝]
9:00~17:00(昼休みなし)

※CTスキャンやレントゲンがあり、骨折の疑いがある場合は、すぐに検査できます

受付時間

  • 交通事故治療

HOME

アクセス・料金

よくある質問

スタッフ紹介

初めての方へ

  • スタッフブログ